コラム-column-

義犬を弔った山の伝説 ~犬鳴山~

義犬を弔った山の伝説 ~犬鳴山~のイメージ

大阪府泉佐野市にある犬鳴山の、その山名の由来にもなった『義犬伝説』をご存知ですか?

その昔、とある猟師がこの山に犬を連れて猟をしていた時のこと。 猟師は一匹の鹿を追い、弓を射ようとつがえた瞬間、なぜか連れていた犬がけたたましく吠え出したのです。犬の鳴き声に驚いた鹿は逃げてしまいました。 獲物を捕らえ損じたことに怒った猟師は、その場で犬の首を三刀で切りつけます。 ですがこの時、実は漁師のすぐ傍らに大蛇が近づき猟師を狙っていたのです。犬は飼い主を守るため、切られながらも吠え続けていましたが、いよいよ大蛇に噛みつくと大蛇と共に絶命してしまいます。

愛犬の捕えた大蛇を見て、命を救われたのだと気付いた猟師は愧じて悔いました。そして自身の持っていた弓を折り卒塔婆にして、犬のなきがらを葬りました。 その後、猟師は僧侶となって永きに渡り愛犬を弔い続けたと言われます。その話を耳にした宇多天皇が「報恩の義犬」と賞賛し、『犬鳴山』の勅号が与えられました。

義犬を弔った山の伝説 ~犬鳴山~のイメージ

己の危険も顧みず、身を呈して飼い主を守ろうとする愛犬の姿は、胸に迫るものがあります。後にその生涯をかけ供養した、僧侶のつぐないの思いや愛情もまた、両者の間に言葉では語り尽くせない絆があったことをうかがわせます。

皆さんには、大切なペットがいますか?
もしもいるなら、ペットにとっても皆さんはきっと、何かあれば命をかけても守りたい存在かもしれません。たくさんの思い出を積み重ねながら、掛け替えのない時間を過ごしていきたいですね。

犬鳴山は南海本線の和泉佐野駅、JR阪和線の日根野駅からバスが出ています。ハイキングコースもあり、ペットと一緒に入れるカフェや温泉などもとても充実。関西や大阪にお住まいの方は是非一度、訪れてみてくださいね。

FREEDIAL:0120-426-388
FREEDIAL:0120-426-388
株式会社 銀河ステージ 大阪府大阪市西区立売堀1-7-18